Posted:
Posted by Google Play Music チーム


本日、Google Play Music を日本で公開しました。月額制のサブスクリプションサービスにご登録いただくと、国内外のメジャーおよびインディーズの音楽レーベルが提供する 3500 万曲以上の豊富なラインナップに、お持ちのすべての端末から無制限にアクセスすることができます。また、曲やアルバムごとに音楽を購入できるストアもオープンし、さらに、CDや iTunes などで購入したお持ちの音楽を無料で 5 万曲までクラウドに保存できる機能も公開しました。


サブスクリプションサービスでは、お気に入りの曲やアルバムを楽しむだけでなく、これまで知らなかった新しい音楽に出会える機能が充実しています。たとえば、アプリを開くたび、Google Play のエキスパートが厳選した、そのときの気分やシチュエーションにぴったりなプレイリストがおすすめされます。


n6_Listen Now (JP).png


また、聴きこむほどに利用者の好みを学習し、アルゴリズムによってその人に合った音楽を即座にレコメンドします。好きなアーティストや良く聴く曲を起点として自動的にプレイリストを立ち上げることもできるため、気軽に新しい音楽を開拓することができます。プレイリストの順番は自由に入れ替えることができ、何度でもスキップできます。


サブスクリプションで聞く曲も、購入した曲も、ご自分のコレクションから追加した曲も、すべて Google Play Music のアプリからシームレスに聴くことができます。AndroidiOS を搭載したスマートフォンやタブレットでアプリをダウンロードできるほか、お使いのパソコンのブラウザからもご利用いただけます。また、事前にダウンロードしておくことで、インターネット接続がない場所でも音楽を聴くことができます。


サブスクリプションサービスは月額 980 円でお使いいただけます。登録後の最初の 30 日間は無料でお試しください。また、2015年10月18日までにお申込みいただくと、月額 780 円が適用となる特別プランをご用意しました。

通勤・通学のお供に、パーティの BGM に、自宅でリラックスしたいときに、Google Play Music を試してみませんか?

Posted:
2015 年 9 月 2 日
Posted by: プロダクトマネジメント 副社長 タマール イオシュア / ユーザーエクスペリエンス ディレクター ボビー ナス

この 17 年間、提供している製品ラインナップや機能、画面デザインまで、Google は様々な変化を繰り返してきました。そして今日、Google はまた、ほんの少し変わります。



なぜこのタイミングにロゴを変更するのかと不思議に思われるかもしれません。その昔、Google の利用は、デスクトップからのアクセスが大半でした。しかし、テクノロジーの進化に伴い、現在では、さまざまなプラットフォーム、アプリ、デバイスから利用する方が増えています。中には同時に、複数の環境をまたいで使われるケースも珍しくありません。ユーザーの皆さんが Google を使いたいと思うとき、それがモバイルやテレビ、スマートウォッチ、車のダッシュボードやデスクトップ等、どんなデバイスで、どんな環境でも、Google は皆さんのお役に立ちたいと考えています。

新しいロゴはユーザーの皆さんの利用シーンにあわせて、どんな小さな画面であっても、そこに Google の ”魔法“ が働いていることをお知らせできるように変わりました。新しいデザインは、入力方法や端末サイズにとらわれず、シームレスにつながっているコンピューティングの世界を表しています。

Google 製品を利用していることをわかりやすく表示するだけでなく、Google が「働いている」様子も表すようになりました。たとえば、デザインの要素として採用したカラフルな Google マイクは、ユーザーの皆さんが、音声やタップ、タイピングなど、どんな方法で Google 製品を操作しているかを表示します。今回の変更で、青い「g」マークは、ロゴに合わせたカラフルなシンボルに代わりました。


これまでも、Google はデザインを変更してきましたし、おそらく今後も新しいデザインが登場するでしょう。新しいデザインは、まさに検索や地図、Gmail、Chrome を始めとする様々な製品が、この時代にどんな風に利用されているかを、そのままに表したものだと考えています。新しいデザインが、シンプルで、クリーン、カラフル、そして親しみやすいといった、私たちが今も、これからも大切だと考える「 Google らしさ」を伝えてくれることを期待しています。新デザインは、近日中に Google の各種製品に表示され始めます。どうぞお楽しみに。

Posted:
2015 年 8 月 14 日
Posted by Google マップのストリートビューチーム

終戦から 70 年を迎えるにあたり、Google では、ストリートビューで撮影した第二次世界大戦の戦争遺跡をまとめました。これらのパノラマ画像は 2010 年から撮影を開始し、今年も新たに国内の 11 ヶ所を追加しました。当時の面影を残すもの、風光明媚で戦争の記憶すら感じさせないものと、様々に経過をたどった遺跡の様子がご覧いただけます。




ミッドウェー島の滑走路。今ではコアホウドリの世界的な繁殖地


サイパン島のバンザイクリフ。岬には慰霊碑が立ち並ぶ



沖縄戦で破壊された首里教会の十字架。修復された教会の中に今も残る



大津島の人間魚雷「回天」発射訓練基地


レンガ造りの要塞砲台が立ち並ぶ友ヶ島


皇居 北の丸公園に残る B29 迎撃用高射砲の台座跡


今回、ストリートビューで紹介した戦争遺跡は、日本国内、国外に多数存在するものの一部にすぎません。そしてその多くは、思いの外、身近な場所に残されていました。このストリートビューが、戦争遺跡の姿を記録し、次の世代に継承する一助となることを、そして平和について考える上での新たな資料となることを願っています。

戦争遺跡のストリートビューはこちらからご覧ください。

<ストリートビューで見られる主な戦争関連施設一覧>*は本日新たに公開
旭浜トーチカ(北海道)*
旧弘前偕行社(現・弘前厚生学院)(青森県)
旧陸軍金沢偕行社(現・石川県庁舎石引分室)(石川県)*
旧陸軍第九師団司令部庁舎(石川県)*
中島飛行機 地下軍需工場(大谷石地下採掘場)(栃木県)*
旧陸軍歩兵第六十六連隊炊事施設(現・宇都宮中央女子高等学校)(栃木県)*
赤山地下壕跡(千葉県)*
皇居外苑砲台跡(東京都)
旧日立航空機立川工場変電所(東京都)
陸軍調布飛行場の掩体壕(東京都)
中央山の見張り所(東京都小笠原村)
砲側弾薬庫砲座(東京都小笠原村)
猿島の砲台跡(神奈川)
大阪城天守閣のずれた石垣(大阪府)
旧陸軍第四師団司令部庁舎 / 大阪市立博物館(大阪府)
旧海軍舞鶴鎮守府軍需倉庫(現・赤れんが博物館)(京都府)
友ヶ島の砲台跡(和歌山県)*
大久野島の毒ガス貯蔵庫跡(広島県)*
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館(広島県)
原爆ドーム(広島県)
回天発射訓練基地(山口県)
紫電改展示館(愛媛県)
平和公園(長崎県)
長崎原爆資料館(長崎県)
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館(長崎県)
丸出山堡塁(長崎県)
浦上天主堂(長崎県)
山王神社の一本柱鳥居(長崎県)
二式大型飛行艇 / 鹿屋航空基地(鹿児島県)
南さつま市万世特攻平和祈念館(鹿児島県)
ホタル館富屋食堂(鹿児島県)
知覧特攻平和会館(鹿児島県)
震洋スロープ跡(鹿児島県)
ひめゆりの塔(沖縄県)
沖縄平和祈念公園(沖縄県)
沖縄慰霊碑(沖縄県)
戦後引揚者上陸の碑(沖縄県)*
嘉数高台公園(沖縄県)*
首里教会(沖縄県)*
旧海軍司令部壕(沖縄県)
真珠湾(米国ハワイ州)
戦闘指揮所(ミッドウェー島)
横井ケーブ(グアム島)
アメリカンメモリアルパーク(サイパン島)
バンザイクリフ(サイパン島)
スーサイドクリフ(サイパン島)
スーサイドクリフ(テニアン島)
原爆搭載地点(テニアン島)

Posted:
2015 年 7 月 31 日
Posted by Google マップのストリートビューチーム

毎日暑いですね。夏休み真っ盛り、旅行に出かける方も多いでしょう。最近では、列車に乗ること自体を旅の目的にされる方も増えています。Google では、そんな観光列車の中を撮影したストリートビューを公開します。さっそく列車に ”乗って” 見ましょう

本日、九州新幹線(800系)と、D&S(デザイン&ストーリー)列車 8 件(特急 ゆふいんの森、特急 A列車で行こう、SL人吉、特急 あそぼーい!、いさぶろう・しんぺい、特急 はやとの風、特急 指宿のたまて箱、特急 海幸山幸)、全 9 件を公開しました。

「特急 A列車で行こう」は、インダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治氏が手掛けられた、ステンドグラスやベンチが特徴的で美しい、おとぎ話のような車内です。さらに、キャラクター犬「くろちゃん」といっしょに旅ができる「特急 あそぼーい!」。子どもたちが車窓を眺める楽しそうな姿が見えそうですね。


熊本駅から三角駅を結ぶ、特急 A列車で行こう


キャラクター犬「くろちゃん」といっしょに旅ができる特急 あそぼーい!。
熊本駅から宮地駅を結ぶ

その他にも、ストリートビューでは、キハやホハフ、トムなど昭和に活躍した貴重な車両がご覧いただけます。1923 年に製造製造された旧片上鉄道キハ303 は、動く内燃車輌としては日本最古だそうです。月に一度、本物に乗れるそうです。


旧片上鉄道キハ303

さらに、旅を楽しくしてくれるかわいい「駅長」たちもストリートビューに登場しました。旧片上鉄道の吉が原駅には、くつろいだ姿勢で乗降客を見守る駅長猫コトラの姿や、いつもはなかなか撮影できない福島県の芦ノ牧温泉駅の猫駅長ばすがご覧いただけます。


猫駅長コトラ


猫駅長ばす


今年の夏は、列車に乗ってゆったり旅はいかがですか。列車ストリートビューは、こちらでご覧いただけます。

Posted:
2015 年 7 月 28 日
Posted by: Google カルチュラルインスティテュート チーム

本日、Google カルチュラルインスティテュートに、新たに日本の美術館 7 館が加わり、伊藤若冲作「樹花鳥獣図屏風」(静岡県立美術館蔵)をはじめとする 486 点が、新たにアートプロジェクトでご覧いただけるようになりました。70 億画素のギガピクセルで撮影した「樹花鳥獣図屏風」は、肉眼では見られない細かい筆のタッチまで詳細に見ることができます。

伊藤若冲作「樹花鳥獣図屏風」拡大

さらに、本日より、Google カルチュラルインスティテュート モバイルアプリが日本に登場しました。国立西洋美術館や広島平和記念資料館を始めとする、8 館の展示(展示 25 件、作品 487 点)がスマートフォンやタブレット等、Android 搭載端末でご覧いただけます。

たとえば、東京富士美術館のモバイルアプリでは、日本の江戸絵画の系譜をご覧いただくことが出来ます。いつでも好きな時に美しい狩野派や琳派の作品等をお楽しみください。

  

また、さきたま史跡の博物館のアプリには、ギガピクセルで撮影した「金錯銘鉄剣」が収録されており、実際に、博物館で展示されている「金錯銘鉄剣」を見ながら、アプリを立ち上げて肉眼では見られない金錯銘鉄剣のディテールを同時に鑑賞することができます。ぜひ、ご活用ください。

 

モバイルアプリで展示が見られる美術館(全 8 館)


Posted:
2015 年 7 月 21 日
Posted by: Google マップチーム

Google マップ日本版は、ちょうど 10 年前の 7 月 14 日にデスクトップ版を、20 日にモバイル向けのローカル検索の提供を開始しました。

2005 年当初は、カーナビ用の地図画像をそのまま表示することから始まった Googleマップも、この 10 年で大きく進化しました。色も線も、フォントも今、お使いいただいている Google マップとは大きく違いますね。すべての道路に名前がない場所で、細い入り組んだ道の先にある目的地まで、何を目印に道案内すればいいのか。日本の住所体系をどうコンピューターに理解させるか。日本の地図を表示するには、どんなフォントや配色を用いればいいか。Google マップチームの地図を作る旅は、日本のユーザーのみなさんと、共に地図を作る旅でした。

(左: 2005 年 / 右: 2006 年)

( 2015 年)

たとえば、日本は当時から世界有数のモバイル先進国でした。そのため日本向けのマップは、当初からモバイル向けのサービス開発に注力してきました。乗換案内は、デスクトップ版提供に先駆けて、2006 年にモバイル版をリリースしています。今では当たり前となった現在地を示す「青い点」が、i アプリ版 の Google マップ に登場したのも、2007 年 12 月です。駅や空港、デパート等の構内図を表示する「インドアマップ」も、 2011 年にモバイル版から始めました。インドアマップは、ビル内にいくつもお店があったり、地下街が発達した日本で、この空間をどのように道案内するか、という挑戦から始まったアイディアです。このように、早い段階からモバイル向けに開発してきた様々なアイディアや技術が、今、世界中でお使いいただいているモバイル Google マップに活かされています。

 


地図を様々な視点で提供することも、Google が力を入れてきたことの 1 つです。2005 年にはじめて衛星写真を Google マップ上で公開して以来、画像の更新と改善を続け、真上や斜め 45 度から見た衛星・航空写真を提供してきました。 2012 年には、自動的に街を 3D に描画する新しい 3D モデリング技術も導入し、地球をそのまま写し取ったようなリアルな地図を目指して開発を続けています。



ストリートビューは、街を上からではなく、その場にいるのと同じ”視点” で見られるサービスとして、日本では 2008 年に東京や札幌等 12 都市で提供を開始しました。

( 2008 年)


当初、カメラを自動車に取り付けて始まったストリートビューも、撮影対象地域が寺社仏閣や観光地、世界遺産等に広がるにつれ進化し、最近では、2013 年に導入されたトレッカーで、富士山を始めとする山々なども撮影できるようになりました。 



また、観光協会などにトレッカーを貸出す「トレッカーパートナープログラム」も、観光庁を始めとする様々な団体にご活用いただき、日本各地の豊かな風景が公開されています。今回、Google マップ 10 年を記念して、今年 5 月に約 1 週間掛けて、トレッカーで撮影した槍ヶ岳のストリートビューを公開します。



Google マップにとって、1 つの大きな転機となったのは、東日本大震災でした。当初、ストリートビューは、最新の画像しか表示できませんでしたが、この震災を境に「タイムマシン機能」を新たに開発、過去の画像にアクセスできるようになりました。これは、東日本大震災の被害を「東日本大震災デジタルアーカイブ」として記録するにあたり、「震災前に撮影されたストリートビューの画像を残して欲しい」というご意見を多数の方からいただいたことが、開発のきっかけになったものです。日本のユーザーの声が、地図を 4 次元に進化させることにつながりました。



また、震災以来、地図の果たせる役目の一つとして、航空写真の更新も続けています。先週も、福島県浜通り地方、宮城県北部(気仙沼、女川など)及び岩手県の沿岸部の航空写真を更新しました。これからも、変化を続ける日本の姿を、空から、あるいは道路から、記録、公開する取組みを続けていきます。


この 10 年で、世界 10 億人の方にお使いいただくサービスに成長した Google マップは、日本との関わりの中で、多くを学び、改善を重ねてきました。これほど町が複雑で、道路が入り組み、正確に電車が走り、心から地図を愛するこの国に向けて、地図を作り、みなさんに鍛えていただいたことが、日本だけでなく、世界中の Google マップを大きく進化させる原動力となりました。

この旅路において、日本のユーザーの皆さんからいただいたご要望や励ましの声は、私たちにとって何ものにも代えがたい宝物です。

ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。


Google マップチーム一同
Google マップを導いて下さったすべての方に、惑星級の感謝を込めて



Posted:
2015 年 7 月 7 日
Posted by: Doodle チーム/池田俊

今日は、「特撮の父」と呼ばれた円谷英二さんの、114 回目の誕生日。本日のトップページでは、そんな円谷氏が長年の制作で培った数々の特撮技術の一部をミニゲームで体験することができます。

手作りの精巧なスタジオセット、ワイヤーや人力で操作される怪獣たち、そして計算され尽くした美しいカメラワーク。特撮技術の匠の技に触れてみてください。

制作にあたり多大なご協力をいただいた円谷プロの皆さま、ありがとうございました。