Android 版 Google 日本語入力から新しい入力方法のご提案

2012 年 10 月 4 日
Posted by Google 日本語入力チーム

本日アップデートされた Android 版 Google 日本語入力に、ケータイ配列、QWERTY 配列に続く新しいキー配列、Godan キーボードを導入しました。


Godan キーボードは快適にローマ字入力することを目的にデザインされており、右手で子音 (K, S, T, N, ...)、左手で母音 (A, I, U, E, O) を入力すると特に快適にご利用いただけます。 ヘルプページでは濁音/半濁音、アルファベット、数字、記号の効率的な入力方法などを紹介していますので、ぜひご覧ください。

ケータイ配列と QWERTY 配列で満足している方は、もちろんそのままお使いいただければ良いのですが、「フリック操作に馴染めない」「QWERTY のキーが小さくて打ちづらい」「長文を書くときにはつい PC のところへ行ってしまう」、といった違和感や使いづらさを感じている方もいると思います。それらを Godan キーボードが改善し、皆さんの日本語入力生活が快適なものになればとても嬉しく思います。

 

また今回のアップデートでは、よみがなの濁点/半濁点を省略したり小文字にしていなくても変換候補を表示したり、同じ文字列から始まる変換候補の表示を抑制してより多様な変換候補を表示するなど、思い通りの日本語入力を実現する新機能を追加しました。詳細は開発者向けブログでご紹介しています。

ご利用になるには、Google Play からインストールもしくはアップデートしてください。Android 2.1 以上を搭載した端末でお使いいただけます。

これからも、Google 日本語入力をより良くしようと、チーム一同で開発を進めていきます。お気づきの点がありましたら、ぜひプロダクトフォーラムか、設定画面のフィードバックの項目からお知らせください。みなさんのご意見、ご感想がなによりの励みになります。

時刻 12:08

0 件のコメント:

コメントを投稿