Google 図書館プロジェクトについて

2012 年 12 月 17 日
Posted by: プロダクトパートナーシップ本部 出版コンテンツ アジア太平洋 統括部長 佐藤陽一

Google では、本日、下記の通り日本ペンクラブと以下の共同声明を発表しましたので、お知らせいたします。

日本ペンクラブ・ Google 共同声明


 日本ペンクラブとGoogleは、図書館プロジェクトに関する著作者の懸念を解決し、協力関係を構築することで合意しました。

 日本ペンクラブとGoogle は、本日、「Google 図書館プロジェクト」においてデジタル化された日本語の作品、および将来においてデジタル化される可能性がある日本語の作品の利用について、双方の基本的立場を尊重しつつ、建設的な協力関係を構築していくことについて合意しました。

 Googleの図書館プロジェクトでは、米国の図書館においてデジタル化された書籍に、著作権保護期間内の日本の出版物が含まれていますが、そのことについて日本の著作権者から懸念が示されていました。本日の合意はこの懸念を解決し、協力関係を構築する出発点となるものです。

 同合意の中には、Google ブック検索でユーザーが検索した際に、表示されるスニペット(数行の抜粋表示)を、今後、日本ペンクラブに所属する著作者もしくは当該作家の書籍を出版する出版社(以降、著作権者)から要請があった場合には、速やかに Google が削除するという項目が含まれます。また、作家、出版社から除外登録をうけた書籍については、今後の図書館プロジェクトでの新たなスキャニングの対象から除外します。

 Google では、図書館プロジェクトの開始当初から、著作権者から通知を受けた場合に、スニペットを削除、またはスキャニングから除外する対応を行なっていましたが、ここに改めて、Google の責任においてこれらを確実に実施することを確認しました。またGoogleは、Googleが保有するデータを、最善の方法と責任をもつて管理することは言うまでもありません。これらにより、日本ペンクラブは、 Google による著作物の利用について、著作者によるより広範なコントロールが実現されると考えます。

 これとは別に、Googleは、著作権者からの要請がある場合に限り、スキャンされたデジタルデータを利用してGoogle Play上で電子書籍を販売する仕組みを提供します。

 他方、日本ペンクラブとGoogleは、図書館プロジェクトに関連して、今後、法的手段をもって争わないことを約束し、日本ペンクラブの会員が、今回決めた両者の合意に疑義を呈した場合においては、会員に対し理解を求めるよう努力します。

 さらに、今後、出版流通の多様性の確保をはじめ、日本における言論・出版・表現の自由の維持・拡大に貢献することを目的に、日本ペンクラブと Google は、現代日本文学その他の翻訳及び普及事業を実施する予定です。

 今回の合意が、日本の豊かな出版文化のもとで生み出される数多くの書籍を、日本はもとより世界中の読者により広く届けるための一助となることを期待しています。


以上


時刻 18:00

0 件のコメント:

コメントを投稿